webデザイナーの大変だったことランキング&つらい→楽しいに変える方法

webデザイナーになって大変だったこと
読む時間の目安

この記事は4分くらいでサクッと読めるにゃ。

webデザイナーの仕事は楽しいこともたくさんありますし、私自身、自分の仕事が好きで誇りを持っています。

一方で、webデザイナーの仕事には大変なことも山ほどあります。

今回は、私が今までwebデザイナーの仕事をしていて大変だったことランキング形式でご紹介したいと思います。

にゃーご
嫌なランキングだにゃ。
えりー
ビビらせてしまうかもしれませんが、正直にお伝えします!

webデザイナーをしていて大変だった・つらかったことランキング5位:終わりなき勉強の日々…

webデザイナーになってから、もう「ベテラン」と言われるくらいに経験年数を積んだ今でも、
日々勉強の連続です。

webの世界は日々進歩しているので、勉強に終わりはありません。

私はもともとwebが好きなので、勉強自体は大変ですが全く苦ではありません。むしろ楽しいです。

ですが、普通の人が休んでいる時にも勉強しないといけないので、本当に好きでないと出来ない仕事だとは思います。

えりー
私はスタッフを採用する際に、必ず「webが好きかどうか」質問するようにしています。
まず好きじゃないと続けていくのは難しい仕事ですからね…。

webデザイナーをしていて大変だった・つらかったことランキング4位:給料が安すぎて正社員なのにバイト掛け持ち…

webデザイナーは残念ながらそんなに給料が高くはありません。

もちろん、webデザイナーでもスキル等によってある程度まで給料をUPさせることは可能です。
webデザイナーでも年収1000万円以上を目指せる場合もあります。

webデザイナーが年収1000万を獲得するために今やるべきこと

2019.04.16

ただ、下積み時代はやっぱり安いですね…。
私の場合も、給料が安すぎて正社員なのにバイトを掛け持ちしていた時期もあります_| ̄|○

にゃーご
辛いにゃ・・・・
えりー
でも副業OKの会社が増えたのは良かったよね!

webデザイナーは高収入を獲得できる可能性がある職業ですが、高収入を獲得するための道のりは容易ではないということは事実でしょう。

webデザイナーをしていて大変だった・つらかったことランキング3位:面倒くさいクライアント

webデザイナーはクライアントありきのお仕事ですが、面倒くさいクライアントにあたってしまうと最悪です。

お金を払わないくせに何度もデザインのやり直しをさせるクライアントもいますし、意味もなく高圧的な態度を取ってくる人もいます。

にゃーご
めんどくさいにゃ。

えりー
○ねばいいのに。

・・・というような暴言も吐きたくなりますが、仕事なので我慢しなければならない部分もありますよね。

そのため、面倒なクライアントにあたってしまうと、精神的に削られることも多いですね。

そんなメンタルが削られてしまいやすい人は、面倒な人の発言を間に受けるのではなく、受け流す「スルースキル」を身につけるとラクになりますよ!

私は『スルースキル “あえて鈍感”になって人生をラクにする方法』(著者:大嶋信頼)という本を読んでだいぶ救われました!もしよければ読んでみてくださいね!

webデザイナーをしていて大変だった・つらかったことランキング2位:先輩からの細かいダメ出し

新人時代に辛かったことは、先輩からの細かいダメ出しです。

毎日のように、デザインについて細かい指摘を受けていました。

今では厳しく指導してもらい良かったと思っていますが、やはりダメ出しを受け続けるのは精神的に堪えますね…。

会社にもよると思いますが、厳しい上司・先輩がいると、最初は大変かもしれません。

えりー
仕事に対するダメ出しはある程度仕方ないですが、人格を否定するようなこと等を言われる場合は、パワハラにあたります!その場合は我慢する必要なんて微塵もないです。

webデザイナーをしていて大変だった・つらかったことランキング1位:最初の職場はブラック企業だった…

私はweb業界ではない企業内のホームページ更新の仕事からスタートしたのですが、その会社は超ブラック企業でした。

えりー
良かったらプロフィールも見てみてくださいね!

プロフィール

パワハラ・サービス残業は当たり前。
自分の仕事が終わっても帰れず、定時で帰ると次の日に上司に応接室に呼び出されるような頭のおかしい職場でした。

これが一番大変だったことですね…。

えりー
周りにいい人がいなかったら続かなかったと思います。

web関連の仕事の場合、会社によってはブラック企業という場合もよくあります。

にゃーご
そんな話を聞いたら怖くなったにゃ・・・

ですが、もちろんすべての会社がそうではないので、安心してくださいね!
労働基準法を遵守したホワイトな会社もたくさんありますので、万が一、運悪くブラック企業にあたってしまったら、無理せずさっさと辞めてしまいましょう。

にゃーご
無理することないんだにゃ。
えりー
自分を大事にしましょう!

webデザイナーの仕事を「大変・つらい」から「楽しい」に変える方法

前述のように、webデザイナーの仕事は色々大変なことがありますが、総じて言えることは「技術を身につければ楽しくなる」ということです。

社会人になれば結果が全てで、結果を出している人に文句を言う人は少ないんですよね。結果さえ出せば、周りに信頼され、自分の意見も通りやすくなります。

私は新人時代に、先輩からこんなことを言われました。
「人にとやかく言われずに好き勝手やりたいなら、結果を出すしか無いよ」

私はとにかく仕事で結果を出すように心がけてきました。そのおかげで、だんだんと周りから信頼されるようになり、楽しみながら自由に仕事ができるようになっていきました。

どんな仕事にも言えることだと思いますが、今の大変な状況を打破したければ、自分自身が変わって、結果を出すしかないんだと思います。

えりー
・・・とまぁ偉そ~に言っていますが、自分自身へのカツです。

まとめ

webデザイナーは華やかな仕事のイメージがありますが、実際は大変なことが多い仕事です。

「大変」を「楽しい」に変えるための一番の方法は、技術を身につけることです。

技術を身につければ、周りからとやかく言われることは少なくなりますし、自分の意見や希望が通りやすくなるからです。

今は大変であっても、webが好きであればきっと楽しく仕事ができる時がきますし、大変なことも乗り越えられます!

「大変」を「楽しい」に変えるために、勉強に励んでいきましょう!

にゃーご
一緒に頑張ろうにゃ!
えりー
頑張る皆さんのために私の好きな曲を贈ります♪
前向きになれる曲なので、もしよければ聴いてみてくださいね!

♪スピッツ『夢追い虫』

上見るな下見るな 誰もがそう言うけれど
憧れ裏切られ 傷つかない方法も
身につけ乗り越え どこへ行こうか?

【中古】CYCLE HIT 1991−2017 Spitz Complete Single Collection −30th Anniversary BOX−(期間限定盤)/スピッツCDアルバム/邦楽

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。