webデザイナーになって良かった!私が思う「楽しさ」と「やりがい」

webデザイナーの「楽しさ」と「やりがい」
読む時間の目安

この記事は4分くらいでサクッと読めるにゃ。

今回は、私がwebデザイナーをしていて楽しいと感じることや、やりがいを感じた出来事についてランキング形式でご紹介したいと思います!

これからwebデザイナーになりたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

にゃーご
仕事は楽しくだにゃ。

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事7位:職業はwebデザイナーと言うと「かっこいい!」と言われる

職業を聞かれた時にwebデザイナーと答えると、ほとんどの人に「かっこいい!」と言われます。

実際は地味な仕事も多いwebデザイナーという職業ですが、(私の体感ですが)世間のイメージはとても良いと思います!

今、人気のwebデザイナー!世間のイメージ・評判と現実の違いって?

2019.04.03
にゃーご
ボクも「かっこいい」って言われたいにゃ~

「かっこいい」と言われるのは単純に嬉しいですし、webデザイナーをやっていて良かったと誇りを持てますね(*^^*)

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事6位:仕事で大好きなAdobeのソフトが使える

私はAdobeソフトが大好きなのですが、仕事でAdobeソフトが使えるのは楽しいですね!

昔はソフトを揃えるために何十万円も費用がかかっていましたが、今は月額制になったのでソフトを購入するハードルが下がったのも良かったと思っています。

えりー
Adobeソフト代で初任給が吹っ飛びました…。

Adobeのソフトって使い慣れると使いやすいのはもちろんのこと、インターフェイスもカッコいいですよね!

にゃーご
デザイナーって感じがするにゃ!

webデザイナーになればAdobeソフトをバリバリ使えるので、Adobeソフトが好きという方には楽しいと思います!

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事5位:自由に仕事が出来る

他の職業に比べるとwebデザイナーは自由度が高い職業だと思います。

職場にもよりますが、私が働いていた職場では息抜きにスマホを見たり、外をぶらぶらしてきてもOKでした。

また、服装も自由な職場が多いです!

えりー
私の働いていた職場では、Tシャツ・ジーパンもOKでした!

私はコールセンターで働いていたこともありますが、スマホ持ち込みNGでしたし、会話はフォロー者に聞かれているので下手なことは言えないですし…。それに比べると『webデザイナーの仕事はなんて自由なんだ!』と思います\(^o^)/

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事4位:自分の作ったサイトを人に見てもらえる

よく周りの人から「作ったサイトがあったら教えて!」と言われることがあります。

自分の作ったサイトを周りの人に見てもらえるとやはり嬉しいですね!

webデザイナーもグラフィックデザイナーもそうですが、自分の作品が世に出て、それを多くの人に見てもらえて、かつ反響も伝わってくるというのは非常にやりがいを感じると思います。

そこがwebデザイナーという仕事の一番華やかな部分かもしれません。

にゃーご
作品が残るのが良いにゃ。
えりー
そうだね!web上や街中で自分の作った作品が見られるのは嬉しいね!

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事3位:日々成長する喜びがある

webデザイナーは勉強することが多く、日々新しい技術も学んでいかなければならないので大変です。

ですが、勉強すること自体は楽しいですし、今まで出来なかったことが出来るようになるのは嬉しいですね!

新人時代に、先輩にこんなことを言われたことがあります。

「頭に思い描けることなら絶対に実現できるよ!」

今では、本当にそうだなと思います。

デザインもコーディングも、最初は出来ないことだらけでしたが、一つ一つ勉強していくと、だんだんと出来るようになっていきました。

そして、「こんなサイトが作りたい!」と頭の中で思い描いたサイトも作れるようになりました!

webデザイナーは頑張ればどんどん成長していけるところが楽しいですね!

にゃーご
ボクでも出来るかにゃ?
えりー
大丈夫、絶対出来るよ!

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事2位:作ることの楽しさ

webサイトを作ること自体が楽しいです。

私は中学生の頃から、趣味でホームページを作っているような人間でした。
(当時はテーブルコーディングの超ダサいサイトでしたが…)

えりー
一言で言ってしまえば、オタクですね。

そんな人間だからかもしれませんが、webサイトのデザインを考えたり、コーディングするのは楽しいです!

この記事を読んだくださっている方も、今は出来ないことがたくさんあったとしても、webサイトを作ることが「好き」であれば、楽しく仕事ができると思いますし、webデザイナーという職業に向いていると思います。

webデザイナーになって楽しさ・やりがいを感じた出来事1位:クライアントに「ありがとう」と感謝してもらえる

これが一番嬉しいですね!

自分の作ったサイトでクライアントに喜んでもらえた時には、本当にやりがいを感じます。

クライアントと信頼関係を築けると、リピーターになってくれて何度も色々な依頼をしてくださることもあります。

「こんなことは出来ませんか?」「今こんなことで困っているんですが…」などと気軽にご相談いただけるようになると、頼っていただけるのが嬉しいですし、『なんとかしてあげたい!』とも思いますよね。

えりー
まぁ、横柄な態度の嫌~なクライアントもいるけどね。
にゃーご
せっかくのいい話が台無しにゃ!

おまけ:逆にwebデザイナーになって大変だった・つらかったこと

今まで、webデザイナーの仕事で楽しいことばかりご紹介してきましたが、一方で、大変なこと・つらいこともたくさんありました。

例えば、上司からのパワハラ・サービス残業など、新人時代は特につらい思いをたくさんしました・・・。

webデザイナーの大変だったことランキング&つらい→楽しいに変える方法

2019.05.07

それでも、前述のように楽しいこともたくさんある仕事なので、やっぱりwebデザイナーになって良かったと思っています!

ただ、楽しいことばかりではない、ということは正直にお伝えしておきたいと思います。

まとめ

webデザイナーは大変なことやつらいことも多い職業ですが、楽しいことややりがいを感じることもたくさんあります!

webが好きであれば、大変なことがあってもきっと乗り越えられますし、仕事が楽しいと思える日も必ず来ます!

これからwebデザイナーを目指す方は、ぜひwebの世界を楽しみながら、勉強や転職・就職活動に励んでいただければと思います(^^)

にゃーご
楽して楽しく仕事がしたいにゃ~
えりー
楽ではないと思うけど・・・、webが好きなら、きっと大変なことも含めて楽しくなるよ!

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。