webデザイナーとプログラマーどっちが向いてる?

webデザイナーとプログラマーどっちが向いてる?
読む時間の目安

この記事は5分くらいでサクッと読めるにゃ。

IT系技術者のことを「ITエンジニア」と呼びますが、一口に「ITエンジニア」と言っても、さまざまな種類があります。

ITエンジニアの種類
  • システムエンジニア(SE)
    …システム開発を行う(要望ヒアリング・システム設計
  • プログラマー(PG)
    …システム開発を行う(プログラミング
  • Webエンジニア≒Webプログラマー
    …webサイトのシステム、webアプリケーションの開発等を行う
  • マークアップエンジニア(Webデザイナー・コーダー
    …webサイト制作を行う(HTML・CSS・JavaScript)
  • フロントエンドエンジニア
    …webサイト制作を行う(HTML・CSS・JavaScript+PHP・WordPress等)
にゃーご
いっぱいありすぎにゃ・・・
えりー
ITエンジニアの職種は上記で挙げた以外にもまだまだあるよ!

今回はITエンジニアの中でも、「プログラマー」と「webデザイナー」の違いについて詳しく見ていきたいと思います。

まだどの職種になりたいか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

webデザイナーとプログラマーの仕事内容の違い

仕事内容の違い
プログラマー:システム開発
webデザイナー:webサイト制作

プログラマーの仕事内容

プログラマーはさまざまなシステム開発を行います。

具体的には、システムエンジニア(SE)の設計を元に、プログラム言語を用いてプログラミングするのが仕事です。

・・・と言ってもちょっとイメージがしにくいと思いますので、基本的なシステム開発の流れを見てみましょう。

システム開発の流れ
要望ヒアリング→基本設計→詳細設計→プログラミング→テスト→納品

このシステム開発の流れは、「上流工程」「下流工程」に分類されます。

上流工程と下流工程

要望ヒアリング~基本設計:上流工程 →システムエンジニア(SE)の仕事
詳細設計~テスト:下流工程 →プログラマーの仕事

※テストはシステムエンジニア(SE)が行う場合もあります。

にゃーご
上流のほうが偉いのかにゃ?
えりー
上流・下流は作業工程を示す言葉だから、上流が偉いってわけじゃないよ!

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーはwebサイトの制作を行います。

こちらも基本的なwebサイト制作の流れを見てみましょう。

webサイト制作の流れ
要望ヒアリング→ワイヤーフレーム作成→デザイン(Photoshop/Illustrator)→コーディング(HTML/CSS/JavaScript)→公開

プログラマーとの大きな違いは次のとおりです。

  • 作るものは基本的にはwebサイトのみ
  • デザインを行う(Photoshop/Illustrator)
にゃーご
コーディングとプログラミングは違うのかにゃ?
えりー
厳密には違うよ!コーディングは「プログラムを書くこと」、プログラミングはプログラムを作る「一連の作業のこと」を指すことが多いかな。

webデザイナーとプログラマーに必要なスキル

必要なスキル
プログラマー:多数のプログラム言語のスキル
webデザイナー:デザインスキル(Photoshop/Illustrator)・コーディングスキル(HTML/CSS/JavaScript)

プログラマーに必要なスキル

プログラマーに必要なスキルは、言わずもがな「プログラミングスキル」です。

具体的には、Java・Perl・PHP・Python・Rubyなどのプログラム言語のスキルが必要です。
(案件によって使うプログラム言語は異なります。)

にゃーご
プログラマーってパソコンが友だちみたいなイメージがあるにゃ・・・
えりー
プログラマーはチームでプログラミングをするから、コミュニケーション能力が高い人が多いよ!

webデザイナーに必要なスキル

デザインスキル

Photoshop・Illustrator等を使い、webサイトをデザインするスキルが必要です。ただ単にかっこいいデザインを作れれば良いわけではなく、クライアントの要望に沿い、サイトの目的を達成するためのデザインを作る必要があります。

コーディングスキル

HTML・CSS・JavaScript等を使ってコーディングを行います。デザイナーとコーダーで分業している場合もありますが、デザインを作成するためにも基本的なコーディングスキルは抑えておく必要があります。

えりー
もちろん他にもあったほうが良いスキルはたくさんありますが、最低限必要なスキルは上記2点です!

webデザイナーとプログラマーの年収

平均年収は、webデザイナーよりもプログラマーのほうが高いです。

プログラマーは高度なプログラミング技術が必要な分、給与もwebデザイナーと比較して高くなる傾向があります。

ただ、webデザイナーもスキルアップすれば年収を上げることは十分に可能ですので、日々研鑽を重ねていきましょう!

にゃーご
年収はプログラマーのほうが高いんだにゃ。
えりー
でも、webデザイナーも年収UPの可能性は十分にあるよ!

webデザイナーが年収1000万を獲得するために今やるべきこと

2019.04.16

webデザイナーとプログラマーの向き・不向き

向き・不向きは一概には言えませんが、やっていて「楽しい」と思えるほうが向いているのは確かです!

よく『プログラマーは地道で、論理的思考が必要』などと言われますが、webデザイナーもサイトの導線設計を考える際やコーディング時には論理的思考が求められますし、地道な作業もたくさんあります。

えりー
プログラマーは決まっている答えを導き出す「数学」のイメージ、webデザイナーは自分で答えを作る「国語」のイメージに近いかもしれません。

私の場合、デザインを作ることやAdobe系ソフトを使うのが好きなので、webデザイナーのほうが性に合っていると思っています。

食わず嫌いもあると思いますので、『やってみたら意外と面白い!』ということもあるかもしれません。自分に向いている職種がわからない場合、まずは広く浅く学んでみるのがおすすめです。

にゃーご
やってみなきゃわからないんだにゃ。

webデザイナーとプログラマーの需要

webデザイナーもプログラマーも、どちらも需要はあります!

インターネット自体がまだまだこれから発展する分野だからです。

とは言え、昔よりも求められるスキルレベルは高くなっていますので、webデザイナーもプログラマーも、日々勉強をし続けて、スキルアップしていく必要があります。

えりー
常に新しいことにアンテナを張っておくことも重要ですね!

webデザイナーとプログラマーのその他の違い

その他の違い

プログラマー:スーツが多い・男性が多い
webデザイナー:私服が多い・女性が多い

プログラマーは、一概には言えませんがスーツの人が多く、男性ばかりの職場もあります。

一方、webデザイナーは、会社にもよりますがラフな格好の人が多いです。また、女性も多いです。

にゃーご
webデザイナーのほうが格好がおしゃれなイメージがあるにゃ!
えりー
それは服装自由の職場が多いからかもしれないね!服装自由の職場だとおしゃれなプログラマーさんもいるよ!

webデザイナーも「フロントエンドエンジニア」なら目指せる!

プログラマーに向いていない人でも、「フロントエンドエンジニア」ならなれる可能性があります!

フロントエンドエンジニアとは

「フロントエンドエンジニア」とは、HTML・CSS・JavaScriptの他、PHPやWordPressの構築などを担当する人のことを言います。

プログラマーとなると高度なプログラミングスキルが必要ですが、フロントエンドエンジニアの場合、そこまで高度なプログラミングスキルは求められませんし、覚える範囲も狭いです。

えりー
私自身「webデザイナー」と名乗っていますが、「フロントエンドエンジニア」でもあります。

フロントエンドエンジニアになると年収もグッとUPしますので、『HTML/CSSコーティングが楽しい!』という方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

webデザイナーとプログラマーの違いは次の通りです。

プログラマー webデザイナー
仕事内容 システム開発 webサイト制作
必要なスキル 多数のプログラム言語のスキル デザインスキル(Photoshop/Illustrator)

コーディングスキル(HTML/CSS/JavaScript)

年収 428万円 357万円
その他 スーツが多い・男性が多い 私服が多い・女性が多い

webデザイナーとプログラマー、どちらも需要はある職種です。

どっちになりたいか迷っている場合、まずは両方学んでみて、「楽しい」と思えるほうを目指すのがおすすめです!

また、プログラマーに向いていない人でも、フロントエンドエンジニアなら目指せる可能性があります!webデザイナーからフロントエンドエンジニアにステップアップすれば、年収もグンとUPしますよ♪

ぜひ上記を参考に、なりたい職種を検討してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。