現役女性webデザイナーが語る!webデザイナーは女性にとって働きやすい職業?

こんにちは!フリーランスwebデザイナーのえりーです。

私も女性ですが、webデザイナーは女性にとって働きやすい職業なのでしょうか。

結論から言うと、答えは「Yes」です。

ただ、働きやすさは当たり前ですが、会社によっても大きく異なります。

今回は、私自身の経験を元に、『webデザイナーは女性にとって働きやすい職業なのか』ということについて深掘りしていきたいと思います!webデザイナーを目指す女性の方は必見です!

webデザイナーは女性にとって働きやすい職業?→会社による

冒頭でもお伝えしたとおり、webデザイナーは女性にとって働きやすい職業かと聞かれると、「会社による」としか言えません。

会社によっては残業ばかりで安月給の過酷な環境かもしれませんし、それとは正反対に、定時で上がれる会社もあります。

私はそのどちらも経験しました。(詳しくは、プロフィールをご覧ください。)

私が最初に勤めた会社は、超ブラック企業毎日終電近くまで働いていました…。また当然のごとく、上司のパワハラもありました。

その後転職した会社は、ホワイト企業で、基本残業はありませんでした。

にゃーご
ブラックにあたりたくないにゃ・・・・・
えりー
入ってみてブラックだと気づいたら、もう会社に行かないほうがいいよ・・・

面接などでよ~く会社を見極めることが大切ですが、万が一ブラック企業にあたってしまったらさっさと辞めましょう!我慢する必要は一切ないです。

webデザイナーは女性が働きやすい職業だと思う理由

会社選びさえ間違えなければ、webデザイナーは働きやすい職業です。私がそう思う理由は次のとおりです。

女性webデザイナーのほうが女性向けデザインはやりやすい

女性向けのデザインを作る際は、やはり女性webデザイナーが担当したほうが、女性ならではの視点ユーザーに寄り添ったデザインが作れると思います。(もちろん、女性目線でデザインできる男性webデザイナーもいますが、どちらかと言うと、という意味です。)

また、女性のクライアントだと、女性のwebデザイナーに依頼したいという方も多いです。

えりー
クライアントと女子会をすることもしばしば

在宅勤務可能

会社にもよりますが、webデザイナーは在宅勤務可能な場合も結構あります。在宅勤務可能だと、結婚・出産後も働きやすいですね!

在宅勤務はNGでも、フレックスタイム制だったり、休みが取りやすかったり、臨機応変に働けるところが多いですよ!

にゃーご
通勤時間ってムダだにゃ・・・
えりー
満員電車も嫌だよね~

基本的に力仕事は無い

基本的に力仕事はほとんど無く、デスクワークが中心ですので、女性も働きやすいと思います。

えりー
非力な女性でも安心ですね♪
にゃーご
ボクみたいな非力な男子にも安心にゃ

フリーランスになる選択肢も

私のようにフリーランスになる選択肢もあります。フリーランスになれば、自分のペースで働けるので、結婚・出産後も安心ですね!(もちろん、会社員とは違った大変さはありますが・・・・)

えりー
webデザイナーの自由なところが好きです♪

男女差別が少ない

会社にもよるかもしれませんが、webデザイナーはスキルで評価されることが多いので、性別によって差別を受けることは少ないです。(女だから、男だから、ということで不当な扱いを受けることは業界的には少ないと思います。)

えりー
『女はお茶くみでもしてろ!』みたいな古い会社は大嫌いだわ
にゃーご
もう令和なのに昭和体質な会社にゃ・・・

ちなみに、業界自体が若いので若い人が多いですが、年齢によって差別を受けることも少ないと思います。web業界は、スキルさえあれば何歳でもチャレンジできます

年齢がネックになって再就職を諦めている方も、諦める必要なんてないですよ!

まとめ

webデザイナーは女性にとって働きやすい職業です。ただし、働きやすさは選ぶ会社によります。

そのため、会社をよく見極めることが大切です。万が一、ブラック企業にあたってしまったら、さっさと辞めてしまいましょう!

また、webデザイナーはスキルさえあれば、フリーランスになる道を選べたり、かなり自由な働き方が可能です。結婚・出産後も働きやすい職業と言えるでしょう。

webデザイナーを目指したいと思っている女性の方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

えりー
頑張る女性を応援します!
にゃーご
ボクと一緒に頑張ろにゃ

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。