webデザイナーのPHPの必要性って?文系女子が勉強のコツを伝授

webデザイナーにPHPって必要?
読む時間の目安
この記事は6分くらいでサクッと読めるにゃ。
にゃーご
PHPって難しそうだにゃ・・・・
えりー
HTMLやCSSと比べるととっつきにくいよね。
でも、勉強するコツがあるよ!

私は最初、PHPがめちゃくちゃ苦手で、プログラムが動かなくて冷や汗をかいたことも何度もあります…(^_^;)

ですが、そうした経験を重ねるうちに、徐々にPHPが好きになっていきました!

えりー
頑張って作ったプログラムが動いた時は嬉しいです!

webデザイナーも基礎だけでも良いので、PHPを覚えたほうがいろいろな場面で役に立ちます!

今回は、

  • PHPを勉強したほうが良い理由
  • PHPの習得レベル
  • PHPを勉強するコツ
  • PHPのおすすめ勉強方法

などについてご紹介したいと思います!

昔の私のように「PHPが苦手…」という方やプログラムに拒否反応がある方は、ぜひ読んでみてくださいね!

そもそもPHPって?

ウィキペディアではPHPについて次のように書かれています。

PHPは “The PHP Group” によってコミュニティベースで開発されているオープンソースの汎用プログラミング言語およびその公式の処理系であり、特にサーバーサイドで動的なウェブページ作成するための機能を多く備えていることを特徴とする。

出典:PHP (プログラミング言語) – Wikipedia

にゃーご
わけわかめにゃ。

ちょっとわかりにくいので、わかりやすく解説しますね。

PHPはサーバー側で動く

PHPはサーバー側で動きます。そのため、ファイルをサーバー上にUPしないと、ページを確認することができません。

レンタルサーバーを借りても良いですが、「XAMPP(ザンプ)」を使えば、PC上に簡単にテストサーバーを構築することができます。詳しくは下記関連記事を見てみてくださいね。

サーバー環境を整えよう【webデザイナーになるための準備編】

2019.03.22

PHPで動的なwebページを作成できる

PHPを使うと動的なwebページを作成できます。動的なwebページでは、アクセスするとサーバー側で何らかの処理を行い、その結果次第でページの内容を表示します。

例えば、お問い合わせフォーム検索システムにはPHPが使われていることが多いです。

えりー
HTMLだけで作られたページは、静的ページと呼ばれます。

webデザイナーもPHPは勉強したほうが良い

webデザイナーも絶対にPHPは勉強したほうが良いです!

その理由は、次のとおりです。

PHPが出来れば「強み」になる

PHPが出来れば「強み」になります。

HTMLやCSSだけが出来るwebデザイナーは五万といますが、PHPができるwebデザイナーは少ないからです。

また、webデザイナーに必要なスキルとして必須になりつつある「WordPress(ワードプレス)」にもPHPが使われています。

えりー
PHPが出来れば、WordPressで自作テーマを作ることもできます!

PHPが出来ると仕事の幅がグンと広がりますので、ぜひチャレンジしてみましょう!

PHPが出来れば年収UPの可能性も!

PHPが出来ればwebデザイナーから「フロントエンジニア」「webプログラマー」ステップアップできる可能性もありますので、自ずと年収もUPします!

web業界はスキル次第で年収もUPする可能性が高いので、それが魅力ですね!

にゃーご
年収いっぱいもらって、ちゅーる大人買いしたいにゃ。

webデザイナーはPHPをどれくらい出来たほうが良い?

webデザイナーはPHPの基礎が出来ればOKです。

具体的には、「WordPressのテーマを編集出来るくらいのレベル」のPHPのスキルを身につけると良いです。

と言っても、WordPressに使われているPHPはそんなに難しく無いので安心してください!

えりー
WordPressの場合、PHPの基礎とWordPress独自のルールを覚える必要があります!

まずは、PHPの基礎をしっかり身につけることが大切です!

webデザイナーがPHPを勉強するコツ

PHPが大の苦手だった私が実践していた「PHPを勉強するコツ」をご紹介しますね!

とにかく手を動かす

プログラムの勉強というと頭を使うイメージがありますが、実際は手を動かして「身体で覚える」という感覚のほうが近いと思います。

参考書とにらめっこをしていても覚えることはできませんので、まずはどんどん手を動かしてプログラムを書いてみましょう!

プログラムを印刷する

プログラムって画面で見ているとどうしてもわかりにくいです。一見、何が書かれているかわからないので、プログラムを見ただけで拒否反応を示す人もいます。。。

にゃーご
吐き気がするにゃ。

そんな時には、プログラム自体を印刷して、マーカーを引いて色分けしたり、意味を調べて書き込むとわかりやすいです!

これを続けると、自然に意味がわかるようになるので、そのうち画面を見ても拒否反応が出なくなると思いますよ!

えりー
わけがわからないから気持ち悪いのであって、わけがわかってしまえば拒否反応はなくなります!

webデザイナーがPHPを学ぶためのおすすめの勉強方法

webデザイナーがPHPを学ぶためのおすすめの勉強方法をご紹介したいと思います。

ぜひ、ご自身にあった方法でPHPを勉強してみてくださいね!

にゃーご
PHPはどうやって勉強すればいいのかにゃ?
えりー
私はで勉強したけど、今はオンラインサービスとかいろいろ方法があるよ!

本でPHPを学ぶ

私はでPHPを勉強しました!これが一番お金がかかりませんね。

にゃーご
りーずにゃぶる。

私が実際にPHPの勉強で使った本はPHPの絵本です。イラストが描かれているのでイメージしやすいと思います。

えりー
PHPの絵本でPHPの基礎の基礎が学べます♪

オンラインサービスでPHPを学ぶ

おすすめのオンラインサービス

最近はコーディングやプログラミングの勉強が出来る便利なオンラインサービスがあります。

月額1000円程度から始められるので、こういったサービスを利用するのもおすすめです。

私はProgate(プロゲート)」を使ってみたことがありますが、実際に手を動かしながら覚えられて課題をクリアするとレベルアップしていくので、ゲーム感覚で楽しく学べました。

オンラインサービスは本で勉強するよりもモチベーションが維持しやすいと思いますので、「三日坊主になってしまう」という方に特におすすめです。

PHPの資格「PHP技術者認定試験」を受ける

PHPの勉強のためにPHP技術者認定試験という資格試験を受けるのもおすすめです。

資格試験のために勉強すれば、モチベーションを維持しやすいですし、正しい知識が身につくからです。

ちなみに、webデザイナーになるために資格は必要ありませんが、特に未経験の方の場合は、資格があることでスキルが証明できますし、転職・就職にほんの少しだけ有利になるかもしれません!

資格取得は必須ではありませんが、取っておいて損はないと思いますよ!

えりー
ちなみに、私はウェブデザイン技能検定を持っています。

PHP勉強会に参加する

PHP勉強会に参加するのも手です。PHP等のプログラムは一字間違っているだけでも動きませんが、PHP初心者の場合、どこが間違っているのかわからず時間を無駄にしてしまうことも少なくありません。

にゃーご
画面が真っ白になって、頭も真っ白にゃ。
えりー
そんな時はPHPがわかる人に聞いちゃおう!

一人で解決できないことは、手っ取り早くわかる人に聞いてしまいましょう!

「PHP勉強会」と検索するといろいろ出てくると思いますので、もしご自宅の近くで開催される場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

webデザイナーも絶対にPHPを学んだほうが良いです!PHPが出来れば「強み」になりますし、年収もUPする可能性が高いからです。

webデザイナーはPHPについてすべて理解している必要はありませんので、まずはPHPの基礎が出来ればOKです。具体的には、「WordPressのテーマを編集出来るくらいのレベル」の理解度を目指しましょう!

PHPを勉強するコツは、頭で覚えるのではなく、とにかく手を動かして「身体で覚える」ことです。

また、プログラムに拒否反応がある方は、プログラムを紙で印刷してマーカーで色分けしたり、書き込みをするのがおすすめです。

えりー
とってもアナログな方法ですが、わかりやすくなりますよ!

webデザイナーがPHPを学ぶためのおすすめの勉強方法は次のとおりです。

PHP おすすめの勉強法
  • 本でPHPを学ぶ
    …「PHPの絵本」がおすすめ
  • オンラインサービスでPHPを学ぶ
    …「Progate(プロゲート)」「TechAcademy (テックアカデミー)」がおすすめ
  • PHPの資格「PHP技術者認定試験」を受ける
  • PHP勉強会に参加する

勉強してわかってくるとどんどん楽しくなるのがPHPです!今はプログラムを見ると吐き気がする方も、ぜひ嫌がらずにチャレンジしてみてくださいね!

にゃーご
まずは吐き気がしないようになれるまで頑張るにゃ。

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。