webデザイナーはセンスがなくてもOK!センスよりも大事なことは●●

こんにちは!フリーランスwebデザイナーのえりーです。

「webデザイナーになりたいけど、センスがないから無理かも・・・」

・・・なんて悩まれている方も多いと思いますが、webデザイナーはセンスがなくてもなれます!

というのも、私自身、
新人時代は超絶センスが無かったからです!!( ・´ー・`)どや

今思うと、もうびっくりするくらいひどかったです。激怒していた先輩の気持ちもわかります。そりゃ怒りますわ。。。

そんな私でも、今ではフリーランスwebデザイナーとして働くことができています!

今回は、センスがない私が「どうやってセンスを身に付けたか」ということや「センスよりも大事なこと」についてお話ししたいと思います。

新卒webデザイナー時代の私のセンスのなさはひどかった!

私は新卒の時、センスのかけらもないまま企業のホームページ更新担当として採用されました。
(→詳しくはプロフィールをご覧ください。)

私の経歴

芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)

『いやいや、芸術学科卒ならそれなりにセンスもあったんでしょ?』なんて思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、美術が好きなのとwebデザインが出来るっていうのは全くの別モノなんです。

その証拠に、バナーや、紙媒体の広告を作っても、センスがなさすぎて先輩から大量の指摘を受ける始末(私の場合、最初はwebデザインよりもグラフィックデザインがメインでした。)

それだけダメ出しされるとさすがに凹みますよね・・・。

センスが無いどころか、PhotoshopやIllustratorもまともに使えない、コーディングもHTMLがちょっとわかるくらいのスキルレベルでした。

そんな私でも、おそらく、IT業界ではなく別業界の企業だったことと、ブラック企業で常に人員不足だったことが功を奏して(?)、採用されたというわけです。

ですので、『センスがないから採用されないかも・・・』という心配はあまりしなくても良いと思います。世の中会社は五万とあります。私みたいにハズレ企業を引いてしまうこともあるかもしれませんが、とりあえず最初からセンスが良い人でなくても、採用される可能性は十分にあるということです。

えりー
ブラック企業に当たってしまったら即辞めましょう。

センスがなさすぎる私がセンスを身に付けた方法

そんなセンスがなさすぎた私でも、今ではクライアントに喜んでいただけるデザインが作れるようになりました!

センスを身に付けるためにやった方法は、とにかく真似をするということです。

新人時代、よく先輩からこんなことを言われました。
「学ぶことは真似ること」

私はデザインの仕事をする際、先輩の作ったデザインを真似したり、イイなと思ったサイトのデザインを真似するようにしていました。

もちろん、デザインの丸パクリはNGですが、配色やコンテンツの配置、テクスチャの使い方を真似するといった具合に、デザインの「手法」を真似するのはOKです。

そうして良いデザインを真似しているうちに、いつの間にか自分も良いデザインが作れるようになっていきました。

えりー
サイトやバナーの模写をするのもおすすめです。

webデザイナーのセンスの正体は「経験値」

webデザイナーのセンスの正体はずばり、「経験値」です。

センスが無い=経験値が少ない
センスがある=経験値が多い

新人時代の私は、経験値がほぼゼロでした。

でも、良いデザインを真似するうちに、デザインのルールやセオリーに気付き、徐々に自分でも良いデザインが作れるようになっていきました。

デザインのルールやセオリーというのは、例えば、高級感のあるデザイン『フォントは明朝体、色は濃い目を使う』などといったことです。

明朝体はゴシック体と比較してシュッとした印象がありますし、色は濃いほうが重厚感が出るからです。これが例えば丸ゴシックや手書きフォントを使い、カラフルな色使いにしまうと、途端に可愛らしい印象になってしまいます。そうなると高級感とはちょっと違う印象になってしまいますよね。

そういったルールやセオリーに沿ってデザインを作れば、自ずと『センスの良いデザイン』が出来上がるというわけです。

つまり、センスの有無デザインのルールやセオリーを知っているかどうかの差なので、経験値を積めばセンスは身に付けることが出来るということです。

センスよりも大事なことは「好き」かどうか

これまでお話ししたとおり、センスは経験値なので、努力次第でいくらでも身に付けることができます。

webデザイナーになる上で、センスは無くても大丈夫ですが、それよりも大事なことはwebが「好き」かどうかということです。

いくら仕事のためとはいえ、人間、好きでないとなかなか努力は出来ないからです。

私自身、webの仕事が好きでなかったら、今までやってこれなかったと思います。私が頑張ってこれたのは、努力すること自体が楽しかったからです。

私は、採用担当者として面接を行っていたこともありますが、その際に必ず「webの仕事は好きですか?」という質問をしていました。

その質問に対して迷いなく「好き」と答えられるかどうかを採用の一つの基準にしていました。(もちろん、スキルや人柄等も総合的に見て判断していましたが)

ですので、今このサイトを見てくださっている方も、ぜひ「webが好きかどうか」今一度自分に聞いてみてください!

もし好きであれば、センスの有無はもちろんのこと、スキルや年齢などは一切気にする必要はないです!

もちろん、そういったことが就職する上でネックになることはあり得ます。でも、好きであれば必ず乗り越えられるはずです。

まとめ:センスは身につけられる!webが好きかどうかのほうがはるかに大事

センスの正体は「経験値」です。

新人時代センスがなさすぎてダメダメだった私も、良いデザインを真似するうちに、経験値が増えて、だんだんと良いデザインを作れるようになっていきました。

「学ぶことは真似ること」ですね!

センスは努力次第でいくらでも身に付けることができます。

センスの有無よりも大事なことは、webが好きかどうかということです。好きでないと、経験値を増やすための努力ができないからです。

webが好きであれば、今はセンスが無くても大丈夫です!

でも、センスを身に付けるための努力はする必要があります。良いデザインをたくさん見て、真似しましょう!経験値を増やしてレベルアップすれば、きっといつの間にかデザインセンスが身に付いているはずです。一緒に頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。