webデザイナーはwindowsとmacどちらを使うべき?

windowsとmac

webデザイナーに転職・就職したいけど、windowsとmac、どちらを購入すれば良いかわからない!そんなお悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

結論、webデザイナーはwindows・macどちらを使っても大丈夫です。

また、windowsとmacどちらか一方だけでも大丈夫ですが、両方使いこなせれば、より転職・就職出来る可能性は高まります。

にゃーご
でもお金ないし、どっちかしか買えないにゃ
えりー
そうだよね~。じゃあ今回は、windowsかmacかを選ぶポイントを教えるよ!

windowsとmacどちらも購入するとなるとかなりの費用がかかりますし、どちらも勉強するのは大変ですよね。そこで今回は、最初に購入するパソコンはwindowsとmacどちらが良いのか、パソコンを選ぶ為のヒントをお伝えしたいと思います。

webデザイナーはwindowsとmacどちらを使っても良い

windowsとmacどちらを使っても、adobeソフトの操作はほぼ同じですし、もちろんデザインやコーディングに大きな支障が出ることもありません。

例えば、クライアントの環境がwindowsの場合、macで制作したデザインと実際にクライアントがwindowsで見るデザインの見え方が若干異なる、といったことは発生しますが、仕事ができないということはまずありません。

もちろん、windowsとmac間でデータのやり取りも行えます。ただ、macからwindowsにデータを送った場合に文字化けが発生する場合等はあります。

ですから、今使用しているパソコンの操作に慣れているようでしたら、無理に別のパソコンを購入する必要はありません。例えば元々DTPデザイナーだった方はmacに慣れている方が多いと思いますが、無理してwindowsに切り替える必要はありません。もちろん逆も同じことが言えます。mac未経験でも転職・就職は十分に可能です。

会社ではwindowsのほうが多い

会社イメージ

あくまで私の経験ですが、今までの会社ではwindowsを使用している会社がほとんどでした。

DTPだけだとmacを使用している会社も多いですが、web制作会社となると、windowsをメインに使っている会社が多い印象です。(あくまで印象ですので、統計を取れば違うかもしれません)

にゃーご
えりーはwindowsとmac、どっち派にゃ?
えりー
わたしは、お仕事もプライベートもwindowsを使ってるよ。前の会社では、macを使っていたこともあるよ。
「デザイナー = mac」というイメージの理由

「デザイナー = mac」というイメージがあるのは、昔、印刷物を作るのに一番適していたのがmacだったからです。今でも、DTPデザイナーの方は、macを使用している方が多いのではないでしょうか。今ではwindowsでも印刷物を作る作業が十分可能なため、「絶対にmacでないと駄目」ということはなくなりました。

windowsとmac、選び方のポイント

転職・就職先に合わせて選ぶ

転職・就職イメージ写真

転職・就職先がすでに決まっている場合は、最初は転職・就職先に合わせたほうがスムーズかもしれません。

ベテランであれば、職場と家の環境が違っても問題ないのですが、初心者の場合は職場と家の環境が同じほうが勉強も捗ると思います。

将来のステップアップを見据えて選ぶ

ステップアップ イメージ写真

将来のステップアップを見据えての選択も有だと思います。

webデザイナーの場合、CMSの構築等、コーディング(プログラミング)方面にスキルアップしてフロントエンドエンジニアになる、ユーザビリティの良いサイト設計を研究してUI/UXデザイナーになる、ディレクションスキルを習得してアートディレクターになる等さまざまなスキル拡大が可能です。どの方面にスキル拡大をしたいかということもwindowsかmacかを決める基準の一つとなります。

  • デザイン方面でステップアップしたい(ex. UI/UXデザイナー)
    →どちらかというとmacのほうがおすすめ
  • コーディング方面でステップアップしたい(ex. フロントエンドエンジニア)
    →どちらかというとwindowsのほうがおすすめ
  • ディレクション方面でステップアップしたい(ex. アートディレクター)
    →どちらかというとwindowsのほうがおすすめ

デザイン方面でスキルアップしたい場合、もちろんmacでなければだめというわけではありませんが、例えばAdobeのショートカットキーが日本語モードでも使える等、macのほうがデザインをする際に便利な機能が多い印象です。

逆にコーディングやディレクション方面でステップアップしたい場合は、ユーザーやクライアントのPC環境を考慮しなければなりません。やはり多くのユーザーやクライアントはwindowsを使用しているため、どちらかというとwindowsのほうがおすすめです。

ただ、あくまで「どちらかというと」というレベルです。次項のwindows・macそれぞれのメリット・デメリットをご覧いただくと、より検討しやすくなると思います。

にゃーご
将来どうステップアップしたいかも大事なんだね!

windows・macそれぞれのメリット・デメリット

windowsのメリット・デメリット

windows

windowsのメリット

  • クライアントとのやり取りがスムーズ
  • 大多数のユーザーと同じ環境
  • 事務作業をするにはやはりwindowsのほうが楽
  • 簡単で使いやすい
    もちろん慣れればmacも使いやすいですが、やはり学校教育でもwindowsが主流です。
    家にmacが無い限り、元々macよりもwindowsの操作に親しんでいる方が多いと思います。
    そういう方であれば、windowsのほうが断然使いやすいですよね。
  • グラフィック面でも進化
    最近はwindowsもmacに対抗して、かなりグラフィック面でも進化してきています。

windowsのデメリット

  • 起動に時間がかかる
    最近はだいぶ早くなってきていますが、macと比べると、起動に時間がかかります。
にゃーご
やっぱりwindowsのほうが慣れてるから使いやすいかも・・・
えりー
windowsは誰にでも使いやすく作られているよね!

macのメリット・デメリット

mac

macのメリット

  • フォントが綺麗、よく使うフォントもインストール済
    フォントが綺麗に表示され、デザイナーがよく使うフォントもすでにインストールされています。
  • ショートカットキーが便利
    Adobe製品を使う場合ショートカットキー使用が必須ですが、windowsだと入力モードを半角英数にしないと機能しないものがあります。macだと日本語モードのままでもショートカットキーが使えます。
  • psd・aiデータを開かなくても内容を確認可能
    psd・aiデータを開かずに内容を確認したい場合、windowsではAdobe Bridgeを使用しないと閲覧できませんが、macではそのまま閲覧できます。
  • すべてのブラウザでwebサイト確認可能
    windowsではsafariの確認ができません。
  • タイムマシン機能
    誤った操作をしてファイルを削除してしまった場合などに、PCを過去の状態に戻してくれる「タイムマシン」機能が活躍します。
  • 起動が速い
    最近はwindowsもかなり起動が早くなりましたが、macの場合、起動時にアプリケーションが立ち上がり、前回の続きから作業できます
  • マウスがなくても作業に支障が出ない
    トラックパッドがある為、マウスが無くても快適な作業が可能です。
  • ディスプレイが綺麗
    Retinaディスプレイは高解像度で発色も美しいです。
  • 複数のデスクトップを利用可
  • デザイン面で役立つアプリが充実
  • 直感的な操作が可能

macのデメリット

  • windowsに比べて高い
    macbook proは高額ですし、ソフトウェアを揃えるのにもコストがかかります。
  • windows側とのデータのやり取りが面倒
    macのデータをwindowsに送ると文字化けすることがあります。些細なことですが、若干面倒くささを感じます。
  • ディスプレイが綺麗
    こちらはメリットにも挙げましたが、ディスプレイが綺麗なことはデメリットでもあります。クライアントがwindowsの場合、同じデザインもwindowsで見るとあまり美しくない、ということもあるためです。
にゃーご
えりーが初めてmacを使った時はどうだったにゃ?
えりー
慣れるまで大変だったかなー。例えば、「マジックマウス」っていうタッチで操作できるマウスに慣れるのが大変、とか、クライアントから文字化けしてるって怒られたり・・・
にゃーご
windowsに慣れた人はmacに慣れるまで結構大変なんだねー
えりー
でも、macも使い慣れるといろんな便利な機能があって良いよ!

まとめ

webデザイナーに転職・就職するためには、windowsとmac、どちらを使用しても大丈夫です。

どちらを購入すべきか迷っている場合は、windows・macそれぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で決めましょう。転職・就職先に合わせて選択することや、将来のステップアップを見据えて選択するということも選ぶポイントの一つです。

また、すでに使い慣れているOSがある場合は、無理に別のOSを購入する必要はありません。

ここまで色々とwindowsとmacの比較を書きましたが、例えば「macだとなんかカッコイイかも?!」だとか「尊敬するwebデザイナーが使っているPCがwindowsだからwindowsにしたい!」などといった、憧れやイメージで購入するのも有だと思います!

この記事を読んでくださった方はこれから憧れのwebデザイナーへの一歩を踏み出すのだと思いますので、そんな憧れやイメージが頑張る原動力になると思うからです。

にゃーご
macはカッコイイけど、ボクはえりーと同じwindowsにしようかにゃ?

ぜひこの記事を参考にしていただき、仕事の相棒となる自分のお気に入りの一台を見つけてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

猫と気ままに暮らすフリーランスwebデザイナー。
芸術学科卒 → 超ブラック企業のホームページ更新担当(正社員) → 正社員よりも稼ぐフリーター → 制作会社(バイト→正社員) → フリーランス(今ここ)
苦労もたくさんしてきましたが、やっぱりwebデザインは楽しい!これからwebデザイナーを目指す人にもwebの楽しさを伝えたい!そんな気持ちで記事を書いています。